【参加募集】おてらおやつクラブ説明会を開催

Posted on 2015年11月25日

現在200を超えるお寺さまから「おすそわけ」が発送されていますが、貧困問題解決にはまだまだ充分な数ではなく、更なるお寺さまのご協力が求められています。そこで今回、おてらおやつクラブの活動趣旨と具体的な発送方法をお伝えする説明会を開催します。

 

また、お寺さまとひとり親家庭を支援する団体をつなぎ、より効果的なお寺の関わり方を考える場にしたいと考えています。お供え物が少なくて参加を躊躇しているお寺さまも、ぜひ説明会に足をお運びください。できることをご相談しましょう。

 

────────────
対象:お寺関係者(僧侶・寺族など)、ひとり親家庭支援に携わる方(NPO・行政など)
内容:おてらおやつクラブについて
・活動紹介
・参加寺院からの活動報告
・実際の発送作業
・質疑応答
────────────

 

【1】12/3 春慶寺(東京都墨田区)

日時:2015年12月3日(木)午後2〜4時
場所:春慶寺 3階の客殿
〒130-0002 東京都墨田区業平2-14-9
http://www.syunkeiji.jp/html/syunkeiji.html

 

・都営浅草線・京成線「押上駅」A2出口より徒歩1分
・東京メトロ半蔵門線・東武伊勢崎線「押上駅」 B2出口より徒歩2分
・公共交通機関をご利用ください

 

申込方法:必ず事前にご連絡お願いします
・おてらおやつクラブ事務局までメール mail@otera-oyatsu.club

 

【2】12/7AM 林昌寺(愛知県春日井市)

日時:2015年12月7日(月)午前10〜12時
場所:林昌寺(臨済宗妙心寺派)
   〒486-0854 愛知県春日井市林島町105
TEL:0568-81-7640

 

・最寄駅のJR春日井駅から徒歩10分
・駐車場が10台ほどしかありませんので、電車や駅前駐車場をご利用ください

 

申込方法:必ず事前にご連絡お願いします
・おてらおやつクラブ事務局までメール mail@otera-oyatsu.club
・もしくは林昌寺へ直接お申し込みください 0568-81-7640

 

【3】12/7PM 西福寺(愛知県名古屋市)

日時:2015年12月7日(月)午後4〜6時
場所:西福寺(真宗大谷派)
   〒466-0054 愛知県名古屋市昭和区円上町11−14

 

・最寄駅の地下鉄鶴舞線「荒畑駅」から徒歩20分
・駐車場は約20台ありますが、なるべく電車や駅前駐車場をご利用ください
・幼稚園のあるお寺ですので、交通には充分ご注意ください

 

申込方法:必ず事前にご連絡お願いします
・おてらおやつクラブ事務局までメール mail@otera-oyatsu.club

tokyo

 

nagoya

お寺からひとり親家庭へ「おすそわけ」が届くまで

Posted on 2015年11月5日

おてらおやつクラブが本格始動から2年を迎えようとしています。おやつの輪は全国に広がり、ひとり親家庭や貧困家庭を支援する団体さまへ毎月おやつを届ける仕組みが整ってきました。

 

賛同してくださるお寺さま・個人さまも増えていますが、「実際どうするの?」「どんな物を送ればいいの?」「量は?頻度は?」などの疑問から、参加を躊躇されている方も多いと思います。

 

そこで今回は、発送手順を写真を交えながらご紹介いたします。決してなにか特別なことをしているでもなく、きっと皆さま、これなら普段の法務の合間にできると思っていただけるのではないでしょうか。年末や年度末にかけて、支援が必要なご家庭は増加傾向にあります。皆さまのエントリーをお待ちしております。

 

【STEP1】お寺へのお供え物を仏前に並べますbudda.jpg当活動は単に食料をお届けするものではありません。檀信徒さんがご先祖の供養などの思いをこめて仏さまにお供えした物を、お寺を預かるお坊さんらがお下がりとして頂戴して、おすそ分けします。それは単なる食料ではなく、仏さまの慈悲に包まれた温かみのある「いただき物」なのです。

 

【STEP2】おつとめをし、仏さまからお下がりを頂戴しますall.jpgとりわけお供え物を並べなくても、お寺では普段から何か頂戴する度に仏前にお供えします。仏さまは実際にお召し上がりになることはありませんが、お坊さんの読経の声を聴き、お供え物を布施する方の気持ちをお喜びになられます。

 

【STEP3】発送数のダンボールと伝票、「カバーレター」を用意しますbox.jpg支援先の子どもの人数などを目安に、適当な大きさのダンボールを用意します。
kowake.jpg個別包装で頂いたお饅頭やお菓子などは、小さなビニール袋に小分けします。子どもの人数だけ小分け袋をご用意いただくと、受け取ったお母さんも子どもたちに渡しやすくなるようです。
fruit.jpg新鮮な果物や野菜は、新聞紙などに包んで傷まないようにします。三度の食事がままならないご家庭も多く、果物が食卓に並ぶ機会の少ない子どもたちが多くいます。そのようなお供えがございましたら、ぜひおすそ分けください。
rice.jpg

主食となるお米も大変喜ばれます。お米はビニール袋かペットボトルに入れるなどされるとお母さんがり利用しやすいです。その他、海苔・漬物・インスタント食品・飲料や、油・洗剤・タオルなどの日用品も喜ばれます。

一緒に梱包する「カバーレター」を印刷し、送り手のお寺さまお名前や連絡先を記入します。ひと言メッセージを添えていただけると、より一層心のこもった贈り物となります。

 

【STEP4】ダンボールを梱包し、宅配便に集荷依頼をします

setting.jpg

「カバーレター」を忘れずにダンボールに入れてください。宅配便の伝票を記入し、ダンボールの上面の見えやすいところに貼り付ければ、荷物の準備は完了です。電話をかけて集荷依頼をしましょう。
denpyou.jpg

 

【STEP5】集荷の方に送料を支払い、合掌で見送ります
送料は送り手(お寺さま・個人さま)にご負担いただいています。集荷の方にダンボールをお預けし、無事に届くよう祈りながら合掌で見送ります。

 

【STEP6】「○月○日に発送」と mail@otera-oyatsu.club にご連絡ください
活動の記録を残すために、発送後には必ずおてらおやつクラブ事務局までメールでお知らせください。個々のお寺さまのご支援状況を把握することで、おやつが届いていない支援先がないか、おやつの量やペースに偏りがないか、問題を見つけやすくなります。ご協力よろしくお願い致します。
また、おやつの輪を広げるために、梱包・発送の様子を Facebook や Twitter などで発信していただけると嬉しいです。お寺さま・お寺とご縁のある方・貧困問題に悩むシングルマザーに情報が届き、新たな支援に発展することがあります。
発送手順は以上です。なにか特別なことをしているわけではないことがお分かりいただけたと思います。これなら法務の合間に梱包・発送することも可能ですし、活動を通して貧困問題をリアルに感じられることでしょう。年末や年度末にかけて、支援が必要なご家庭は増加傾向にあります。皆さまのエントリーをお待ちしております。

 

※おてらおやつクラブへの参加方法はこちら(お寺さま)