おてらこども食堂の報告(2016年4月8日)

Posted on 2016年4月25日

nobori

 

4月8日、お釈迦さまの誕生を祝う花まつりに「おてらこども食堂」が一日限定でオープンしました。おてらおやつクラブ事務局長の私、桂が住職を務める奈良県天理市の善福寺を会場に、花まつり兼こども食堂として開催しました。

 

こども食堂のメニューは、みんな大好きカレーライス。お釈迦さまと同じくインド生まれのカレーは、いまや日本人の国民食ともなっています。本場インドのカレーから日本人の舌に合う形に形を変えながらもそのエッセンスは変わらないカレーの成り立ちは、仏教のそれと通じています。仏教もインドから中国をへて日本へ渡り、時代や各地の影響を受けて変化しつつも、その根幹となる教えは何ら変わっていません。まさに花まつりに最適なメニューといえるでしょう。

 

curry

 

お釈迦さまにカレーをお供えし、みんなで合掌。そして花まつりとお釈迦さまとカレーのお話の後、みんなでお腹いっぱいカレーを食べました。

 

おやつはもちろん「おてらおやつクラブ」からのおすそわけ。花まつりにちなんだ「花まつりサイダー」や「花まつり飴」なども大好評、さらにバウムクーヘン博覧会の来場者の寄付によって贈られた沢山のバウムクーヘンも美味しかったです。仏前にお供えされたおやつをこどもたちが運んでくれて、参加者に配ってくれました。

 

cider

 

当日の概要は以下の通りです。

 


日時  : 2016年4月8日(金)17〜20時
参加費 : おとなもこどもも一人100円
参加人数: 48名(おとな21名、こども27名)

 

<スケジュール>
16時半 子どもが集まり始める
17時半 座敷に机や食器をみんなで並べる、お釈迦さまにカレーをお供え
18時  本堂に移動して花まつりの説明、座敷で食事スタート、おかわり多数
18時半 大体食べ終わる、その後やって来て食べる親子も2組
19時前 バウムクーヘン・花まつりサイダーをこどもたちが配る
19時半 後片付け
20時  お土産にお菓子を一つずつ持って帰宅


 

flag

 

おてらこども食堂は、おてらおやつクラブが目指す貧困問題解決のための企画の一つです。おてらおやつクラブはおやつを通して貧困状態にある親子の“孤立”を防ぐのを大きな目的としています。御礼の手紙などから実感するのは、こどもたちがお寺から届くおやつやメッセージに仏さまの見守りを感じてくれているということ。それによって、いざという時に「助けて」と声をあげてもいいんだ、と社会に信頼を寄せてほしい。今は助けを求める先は繋がりある支援団体や行政かもしれない。でも将来的にはお寺に助けを求める、そんな「駆け込み寺」になることができれば、もっと誰にとっても住みやすい世の中になるはず。その布石ともなり得るのがおてらこども食堂ではないでしょうか。お寺がもっと信頼に足る場所であること、話を聞いてもらいたい・聞いてくれる人がいるところ、と記憶の片隅に置いてもらうために、おてらこども食堂のぬくもりが果たす効果は少なくないと考えています。

 

そして大前提であり、最も大切なことですが、おてらこども食堂を通して私たちの身近なところに貧困問題があることを知ってほしい。貧困に悩む家庭があり、助けてと言えずにいるかもしれないことに気づいてもらえれば、それだけで食堂を開く意味があるでしょう。

 

今後おてらこども食堂が全国各地で開催されるかは未知数ですが、おてらおやつクラブの活動から貧困問題に意識が向くようになったお寺が自発的に手を挙げてくれることを期待しています。

 

おてらおやつクラブはあくまで支援団体の活動を後押しする「後方支援」です。お寺が貧困問題に直接的に関わるのは非常にハードルが高く、安易に始めるべきではありません。しかし、おやつを発送しながら、もっと深く貧困問題を解決するような支援をしたいという思いをお寺が抱いたとしたら、それを尊重したいと思います。そういう意味で、おてらこども食堂が貧困問題に踏み込む一つの方法であることを提案できたのではないでしょうか。

 

お寺でいただくご飯は、仏さまからお分けいただくお仏飯(ぶっぱん)。仏さまの力をかりて体を養い、心を健康にしていただく。そんな生き方を体験できる場所が「おてらこども食堂」です。引き続き応援よろしくお願いいたします。 合掌

 

(奈良県天理市 善福寺 桂 浄薫)

 

【参照】花まつり「おてらこども食堂」開店!(善福寺ホームページ)
http://zenpukuji.info/archives/1349

intro