「遺贈寄付」で、社会の担い手となる
子どもたちへ「おすそわけ」認定NPO法人
おてらおやつクラブへの遺贈

認定NPO法人おてらおやつクラブは、日本全国のお寺や地域の団体、行政機関と連携し、食品や日用品などの「おそなえ」を「おすそわけ」する活動です。2018年にはグッドデザイン大賞(内閣総理大臣賞)を受賞し、活動は全国に広がっています。

1,835寺院  650団体  子ども24,000

*2022年12月現在の賛同寺院数、登録団体数、月間子ども支援数(のべ人数)

グッドデザイン大賞

課題先進国ともいわれる我が国において、困窮する家庭の姿は見えにくく、「子どもの貧困」は実感を持ちにくい課題でもあります。コロナ禍の長期化により、全国から「助けてほしい」という声が当団体事務局に連日届くようになり、困窮する家庭や子どもたちが置かれている状況がこれまで以上に見えるようになってきました。

※2019年 国民生活基礎調査(厚生労働省)

急増する支援要請にお応えするべく、全国津々浦々に存在するお寺と地域の支援機関をつなげ、地域での見守りを実現するネットワークを広げていますが、まだまだ「おすそわけ」をお届けできていない子どもたちがたくさんいます。

困窮する世帯の緊急的支援にとどまらず、貧困の連鎖によってもたらされる将来の所得格差や、それら困窮世帯を支えるための税・社会保障の負担額の増加という社会的損失を可能な限り抑えるという長期的な社会インパクトを生み出すべく、「おすそわけ」活動を続けてまいります。

子どもたちが、どんな環境に生まれたとしても、将来に希望を持ち、様々な選択肢を享受しながら社会の担い手となって健全に成長してくれるよう、みなさまのご支援を賜りますよう何卒よろしくお願い致します。
認定NPO法人おてらおやつクラブでは遺贈によるご寄付を承っております。どうぞお気軽にお問い合わせ、ご相談くださいませ。

おてらおやつクラブ 代表理事 松島靖朗

遺贈寄付サポート窓口へ

最新情報を受け取るメールまたはLINEで活動の
最新情報をお届けします

当ページは個人情報保護のためにセキュリティ機能(SSL)を使用しております。皆さまよりお預かりした個人情報は、「プライバシーポリシー」に基づき当団体の活動のためにのみ使用いたします。ご本人様の承諾なしに第三者に提供することはありません。

この活動はSMBCグループライジング基金の寄付を受けています