おてらさまへ

日本全国には、さまざまな事情により日々の生活が困難な状況にあるひとり親家庭や子どもたちが増えています。全国のお寺が力を合わせることで、子どもの貧困問題の解決につながる道が見えてきます。

またおすそわけを送る活動以外にもさまざまな協力方法があります。

お寺さまの声

毎月送付するようになってから、ご門徒の皆さまの社会貢献への意欲が物資により可視化されて、これからお寺が何か活動を行う場合においてもよきサポーターにもなっていただけるのではないかと感じています。(東京都 浄土真宗本願寺派 住職)

特にお盆は落雁が多くお供えされるので、他寺院ではどうされているのか…気になっています。今回は、落雁の中から添加物の少ないものを選び、落雁のリメイクレシピを付けてお送りしました。(北海道 浄土宗 副住職)

こういう時こそ…と思い、「おすそわけ」出来そうなお菓子を仏前にお供えすることにしました。思い切って電話で送り先の団体の方にも「親御さんがもらって嬉しいもの」を確認して、より喜んでもらえそうなものをお送りさえていただきました。思い切って確認したことで、今までの「おすそわけ」も確かに喜ばれていたのがわかりホッとしました。(北海道 高野山真言宗 副住職)

発送に関わったスタッフから、「いつかこの活動がなくなることが目標だね」との言葉があり、その大きな目標のため、自分たちができることを絶望せずに行っていこうと心あらたにしました。(東京都 真宗大谷派 坊守)

マッチング団体さまがお寺まで受け取りにお越しくださいました。「おすそわけ」する側・受け取る側、両方がゆるやかなご縁で穏やかに結ばれることを願っております。(東京都 真宗大谷派 坊守)

<コロナ対策でマスク、アルコール消毒をして扱い、清潔なものだけに限定しました。今年はいろいろむずかしいですね。(滋賀県 浄土真宗本願寺派 坊守)

今回はお供え物を下してきた子どもたちが「これはおやつクラブにおくろうね」と声をかけてくれました。沢山あるものはみんなで分けていく。そんな習慣がこどもの頃から身につけば、もっと優しい世の中になるでしょう。段ボールを開けた時の笑顔を想像しながら、お菓子を送りました。(福岡県 曹洞宗 副住職)

今回も団体さまへ直接お届けしました。当寺のお檀家さまにはおやつだけではなく「食料を」とお願いして良かったと感じております。 (東京都 浄土宗 副住職)

ポスターを掲示すると、お供え物の量が増え日持ちするような物が多くなりました。お檀家さんのお気持ちが見えて嬉しくなりました。(佐賀県 臨済宗 住職)

おすそわけを通じて貧困問題を解決するには、多くのお寺さまのご協力が不可欠です。おてらおやつクラブにご賛同・ご協力いただけるお寺さまは、ぜひご登録をお願いします。子どもたちを笑顔にするため、そして笑顔を絶やさないためにも、ぜひ「おてらおやつクラブ」にご登録、お力添えをお願いいたします。


ご登録の流れ

  • STEP 1登録寺院登録フォームからお申し込みください。
  • STEP 2マッチング支援先をマッチングします。マイページでご確認ください。
  • STEP 3おすそわけお寺さまのペースで「おすそわけ」を発送ください。
  • STEP 4報告発送報告フォームから報告をお願いします。
  • STEP 5確認支援先から受取メッセージがあればマイページで確認できます。

「おてらおやつクラブ」にご登録いただきましたら、事務局から「おすそわけ」をお送りいただく地域の団体さまをご紹介します。地域のお寺と団体さまをマッチングさせることで、地域の貧困問題を解決に導く見守りを育てていきます。「おすそわけ」の量や頻度などに決まりはありません。お寺さまのペースでお送りください。


よくある質問

「おすそわけ」は事務局へ送ったらいいのですか?
ご登録時にお伝えする支援先へお送りいただきます。事務局やどこか集配所に集めておすそわけするのではなく、お寺から直接おすそわけするのが当活動のポイントです。
おそなえが少ないのですが、参加できますか?
可能です。おてらおやつクラブはお寺のご都合に合わせて、できる範囲でおそなえをおすそわけしていただく活動です。年に数回しかおすそわけできなくても構いません。

※ 一つの支援団体に対して複数のお寺をマッチングします。一つのお寺で一つの支援団体を支えるというわけではなく、複数のお寺から団体へおすそわけを届けるのでご安心ください。

お盆やお彼岸にしかおそなえが集まらないのですが、登録できますか?
可能です。お盆やお彼岸のような特別な時期や行事の時だけでもご支援いただければ助かります。
賞味期限はどの程度の余裕が必要ですか?
2週間以上の余裕があるものが好ましいです。支援団体さまの活動によっては、お米や果物、野菜などをおすそわけいただくこともできます。
送料は誰が負担しますか?
「おすそわけ」をお届けいただくお寺さまにご負担をお願いしています。
送る箱の種類や大きさの指定はありますか?
特にありませんので、お寺にある箱やダンボール箱をご利用ください。ダンボール箱の目安は80〜120サイズです。
匿名で参加することは可能ですか?
匿名で参加されているお寺もあります。匿名希望の場合は、登録フォームで指定ください。
ひとり親家庭の親子と直接のやりとりは発生しますか?
基本的にはありません。ひとり親家庭と支援団体の関係性を深める「後方支援」が当活動の目的です。ご登録後にご案内するマイページを通じて、「おすそわけ」を受け取った団体さまからの声が届くこともあります。
これまで支援先から苦情はありましたか?
特にありません。届いたおやつの内容や量に応じて、臨機応変にご活用くださっています。果物が傷んでいたり、子どもの好みに合わなかったりする場合もありますが、支援団体で判断して子どもに渡していますので、ご安心ください。
青年会や仏教会などで参加することは可能ですか?
可能です。一つのお寺ではおすそわけしにくい場合でも仲間のお寺と一緒に取り組めばたくさんのおそなえが集まり、種類も豊富になります。仲間と一緒に楽しく取り組めば継続しやすくなりますので、ぜひお誘い合わせの上ご登録ください。青年会などの公式団体でなくても、仲間の数カ寺でもご登録いただけます。
おやつを送る以外に協力できることはありませんか?
おやつを送っているお寺の発送を手伝ったり、おておてらおやつクラブに寄付したり、募金箱を設置したり、さまざまな協力方法があります。お問い合わせフォームより事務局までご相談ください。

寄贈する

「登録前にまずは一度送ってから考えたい」というお寺さま、食品・日用品などを寄贈いただけるお寺さまは、下記フォームからお申し込みください。現在、皆さまからのご寄贈は奈良にある事務局で受け付けております。支援を必要とするご家庭へお届けいたします。大量の場合、あらかじめご相談ください。

手順

  1. 下記フォームから事務局へご連絡ください。企業の場合は「お問い合わせフォーム」よりご相談ください。
  2. 自動返信メールに記載の送付先や注意点をご確認ください。
  3. 送付先へ発送ください。発送伝票の品名欄に「おてらおやつクラブ おやつ寄贈」とご明記ください。

受け入れ可能なもの

注意点 
賞味期限賞味期限が2週間以上の余裕ある物をお送りください。事務局からご家庭にお届けするまで日数がかかる場合があるので、2週間以上の猶予がないと賞味期限が過ぎてしまいます。

お子さまに安心して口にしてもらうため、賞味期限に関わらず品質状態の確認をお願いします。気温や室温の影響でチョコレートや飴などが変形していないかご注意ください。手づくりの食品は品質管理上受け入れできません。
チョコレート5月1日~9月30日の間、チョコレートの受け入れは中止しています。保管や発送の際に溶けてしまうため、ご了承ください。
お米以下の期間内のお米を受け入れ可能です。冷暗所で保管されていた場合の目安期限です。常温保管の場合はより短くなりますので、品質に問題ないかご確認ください。

玄米・・・収穫から2年以内
精米済み白米・・・精米から夏を越さずに1年以内
混合米(複数の精米日が混入)・・・精米から半年以内
日用品マスク、ティッシュペーパー、生理用品、紙オムツ、除菌グッズ、洗剤、筆記用具などの日用品も喜ばれます。未使用・未開封の物に限ります。わずかでも使用された物はご家庭にお送りしても使いにくい場合が多いため、ご遠慮ください。長い間保管していた物は汚れやにおいがついていないかご注意ください。
防災備蓄品賞味期限の近づいた備蓄品・非常食・保存食も1カ月以上賞味期限に余裕があれば、受け入れ可能です。大量の場合はあらかじめご相談ください。

受け入れできないもの

  • 賞味期限が2週間未満の食品
  • 常温保存できない食品・野菜
  • 手づくりの食品
  • 古いお米
  • チョコレート(5月1日~9月30日の間受け入れできません)
  • 使用した日用品
  • 衣類
  • 大型のおもちゃ

古本を送る

古本を送って寄付をすることで「おてらおやつクラブ」にご協力いただくことができます。

古本勧進(ふるほんかんじん)は、全国各地のお寺をご縁として、皆さまのご自宅に眠る古本を集め、その買取金額を「おてらおやつクラブ」へ寄付する活動です。皆さまの大切な古本が「おてらおやつクラブ」への支援となり、子どもたちの笑顔に繋がります。

古本勧進は年間を通じて開催しており、いつでも古本等(CD・DVD・ゲームも可)を受け付けています。提携する株式会社バリューブックスが古本等を集荷し、査定した買取金額を「おてらおやつクラブ」へ寄付してくださいます。

寄付金は全額「おてらおやつクラブ」の活動資金に充てさせていただきますので、皆さまのご厚意が「おすそわけ」を通じて子どもの貧困問題に役立てられます。家に眠る読まなくなった本や聴かなくなったCD・DVDが子どもたちの笑顔に変わる、そんな古本勧進にぜひご協力をお願いいたします。

■本で寄付する「チャリボン」
https://www.charibon.jp/partner/otera-oyatsu/

上記ウエブサイトの「本で寄付する」よりお進みいただき、寄付先として「特定非営利活動法人おてらおやつクラブ」をご指定ください。
なお、本によっては買い取り不可能なものもございます。
買取条件についてはこちらをご覧ください。

 チャリボンに関する問い合わせ先
株式会社バリューブックス
平日の集荷に関するお問い合わせ、その他取り扱い品に関するお問い合わせ
TEL :0120-826-295 (平日 受付時間10-17時)
Email:info@charibon.jp
土日祝日の集荷に関するお問い合わせ(休日は集荷に関する問合せのみ対応)
TEL :0268-75-9377(受付時間10-17時)
Email:info@charibon.jp

オススメ「手間いらずプラン」

通常の受付プランと別に、「手間いらずプラン」をご用意しました。「本の仕分け、集荷依頼の電話、書類記入」などの手間をすべて事務局で行います。皆さまは本を送るだけでOK。ぜひご利用ください。

 手間いらずプラン
1.古本を集めて、ダンボール箱に梱包する
2.以下までダンボール箱をご送付ください
〒460-0007 名古屋市中区新栄1-4-6 久遠寺

※ 品名に「おてらおやつクラブ 古本」とご記入ください
※ 個別での買取金額はお伝えできません
※ 送料はご負担お願いします

お近くの方はおてらお問い合わせフォームに連絡後、久遠寺までお持ち込みください
3.お預かりした古本を久遠寺からバリューブックスへお送りします

講演を依頼する

おてらおやつクラブでは、子どもの貧困問題をさまざまな方に知ってもらうために、講演、セミナー、イベント、ワークショップの依頼を歓迎しています。宗派や仏教会での社会活動をテーマとした研修や、青年会、婦人会でのワークショップなど、貧困問題の啓発ならびに活動推進のため可能な限り対応させていただきます。まずは以下の注意点やよくある質問をご確認の上、講演依頼フォームからお問い合わせください。

講演の注意点

・できるだけ多くのご依頼に添えるように、登壇者はおてらおやつクラブ事務局に一任くださいますようお願いします。 日時や内容などを考慮し、登壇者を決定いたします。

・内容を確認して返信いたしますので、できるだけ詳しくフォームに記入ください。

よくある質問

講演テーマはどのようなものですか?
ご依頼に合わせて対応可能です。おてらおやつクラブ活動紹介、貧困問題、SDGs、子ども食堂、僧侶の在り方など、さまざまなテーマでの講演実績があります。
講題例)子どもの貧困 ~おてらおやつクラブの活動の現場から~
どのような会で講演できますか?
お寺関係の研修会はじめ、お寺以外の一般向けの会、企業経営者向けの会、対談やパネルディスカッション形式でも講演実績があります。少人数からホールまで対応可能です。
準備物があれば教えてください
当日パソコンを持参しスライドを使って話すので、以下をご用意ください。

・プロジェクター(HDMI入力端子またはVGA入力端子が必要)
・ケーブル
・スクリーン
・スピーカー
・マイク(ワイヤレスもしくはピンマイク)

※ パソコン、コネクターは講師が当日持参します
※ パソコンの操作は講師が行います

交通費や宿泊について教えてください
交通費は、出講者から開催会場までの実費をお願いしております。
切符は当方で手配します。

なお宿泊が必要な場合、宿泊費の負担もお願いする場合があります。
前後のスケジュールに合わせ、こちらも当方で手配します。

講演料と交通費の支払いはどうすればいいですか?
講演終了後、以下の口座へお振込みください。

【郵便振替】
口座番号 14590-25775631
加入者名 特定非営利活動法人おてらおやつクラブ

【銀行からお振込】
銀行名 ゆうちょ銀行
店番 458
店名 四五八店(ヨンゴハチ店)
預金種目 普通
口座番号 2577563
口座名義 トクヒ)オテラオヤツクラブ

<ご注意>
・おてらおやつクラブ法人口座宛に【源泉徴収せず】にお手続きください
・請求書が必要な場合はお申し出ください。講演終了後、発行します。
・領収証が必要な場合はご連絡ください。領収証のPDFファイルをメールにてお送りいたします。郵送でお受け取りになりたい場合には、その旨ご連絡ください。