おすそわけ事業

おてらおやつクラブの活動は、全国のお寺の「おそなえ」を、それぞれの地域で支援活動を行う団体を通じて必要な方々へ「おすそわけ」するものです。支援団体の活動の応援団として、お寺からの「おすそわけ」でサポートする。お寺の役割は支援団体の「後方支援」です。

おてらおやつクラブの仕組みおてらおやつクラブの仕組み

マッチング

おてらおやつクラブ事務局では賛同寺院と支援団体を結びつける、マッチングを行っています。お寺さまの住所や発送予定ペースと、団体さまの活動状況やニーズを突き合わせて、需要と供給のバランスが合うようにマッチングを提案します。これを適切に行うことによって「おすそわけ」を有効に循環させることができるので、マッチングは非常に重要な意味をもっています。

直接支援

おてらおやつクラブ事務局には、どこにも相談できず困窮したお母さんからインターネットを通じて「助けて」の声が多く寄せられています。こうした家庭に、緊急の一時支援として「おすそわけ」を届ける仕組みを「直接支援」と呼んでいます。