台風19号被災の皆さまへのお見舞い


過日の台風で被災された皆さまにお見舞い申し上げます。

ここ数日、特定非営利活動法人おてらおやつクラブでは平時よりつながりのあるお寺さま・団体さまとやりとりし、被災状況の確認を行っています。

心ある皆さまからのご寄贈「おそなえ」も頂いており、必要な場所へ「おすそわけ」をお届けしてまいります。

全国1,300を超えるお寺さまと450を超える支援団体さまとの平時のつながり・備えを、なにか起こった時に機能させることがまだまだ十分にできていないこと、近年の災害発生のたびに気付かされます。

こんなとき仏さまだったらどうするか?お釈迦さまだったらどうするか?慈悲の実践活動として気持ちばかりが先走って、行動が空回りしまうのが現在の私たちです。

そんななか、度重なる災害、試行錯誤を通じて「おやつ」が必要なタイミングが時間差でやってくることがわかってきました。

常日頃からやっていることを有事でも変わらずにやり続けるということ。

お母さんや子どもたちの状況を確認してくださる団体さまと連携し、いつもどおり「おそなえ」「おさがり」「おすそわけ」をしていきます。

自らも被災されている被災地のお寺さまから「おてらおやつクラブ」の支援拠点になりますという心強いお申し出も頂いています。地域の見守りのため地域のお寺さまの存在が何よりの支えになります。

新しい役割を担うことはいろいろな困難や失敗を伴いますが、事務局一同、賛同寺院のみなさま、支援団体の皆さま、そして心を寄せてくださる皆さまと共に、できることから動いていきます。

 

特定非営利活動法人おてらおやつクラブ
事務局一同