北九州市主催「北九州デザインシンポジウム2019」に登壇しました


2019年11月29日 (金)に開催された北九州市主催「北九州デザインシンポジウム2019」に理事の福井良應と、監事の桂浄薫が登壇しました。

▼北九州デザインシンポジウム2019
https://www.city.kitakyushu.lg.jp/san-kei/27200136.html
※このイベントは終了しています

本シンポジウムは、市民の皆さまや市内企業の方々がデザインに関する知識を深め、デザインを活用した商品開発や新しいビジネスの創出の機運を図ることを目的に開催されたものです。本年7月に神戸市で開催された「おてらおやつクラブ -地域との営みをリデザインする-」に引き続き、デザインの観点から『既存の組織・人・もの・習慣をつなぎ直すだけで機能する「仕組み」の美しさ』についてお話をしました。

北九州市下では11のお寺さまが、1つの支援団体(フードバンク)さまと連携して活動してくださっています(2019年11月現在)。
こうしたご縁をひとつひとつ大事にしながら、「おてらおやつクラブ」の存在、ひいてはその背後にある「子どもの貧困問題」をより多くの方に知っていただきたいと願っています。引き続き、応援のほどよろしくお願いいたします。