「2018年度グッドデザイン大賞」を受賞


特定非営利活動法人おてらおやつクラブ(事務局:奈良県磯城郡田原本町、代表理事:松島靖朗)は、このたび2018年度グッドデザイン大賞(内閣総理大臣賞)を受賞しました。

受賞対象名 貧困問題解決に向けてのお寺の活動 [おてらおやつクラブ]
http://www.g-mark.org/award/describe/48291

「おてらおやつクラブ」は全国のお寺の「おそなえ」を「おさがり」として、さまざまな事情により生活に困窮する世帯へ「おすそわけ」する活動です。活動に賛同する寺院は全国975カ寺、連携する支援団体は392団体、毎月9,000人の子どもたちがおやつを受け取っています。(2018年10月現在)

この度の受賞が、活動の背景にある「貧困問題」に興味関心を持ち、当事者としてこの問題に関わる人々とのご縁がひろがる機会となることを願っております。

グッドデザイン賞審査委員による評価コメント

従来、寺院が地域社会で行ってきた営みを現代的な仕組みとしてデザインし直し、寺院の「ある」と社会の「ない」を無理なくつなげる優れた取り組み。地域内で寺院と支援団体を結んでいるため、身近な地域に支えられているという安心感にもつながるだろう。それができるのは、寺院が各地域にくまなく分布するある種のインフラだからだ。全国800以上の寺院が参加する広がりも評価ポイントのひとつであった。活動の意義とともに、既存の組織・人・もの・習慣をつなぎ直すだけで機能する仕組みの美しさが高く評価された。

グッドデザイン賞とは

1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。
http://www.g-mark.org/

グッドデザイン大賞とは

グッドデザイン大賞は、その年に受賞したすべてのグッドデザイン賞受賞対象の中で、最も優れたデザインと認められるものに贈られる内閣総理大臣賞です。この賞は、その年のグッドデザイン賞審査委員、グッドデザイン賞受賞者および、東京ミッドタウンで開催される「2018年度グッドデザイン賞受賞展」の来場者の投票により選ばれ、その年のデザインおよび社会の傾向を象徴する役割を担っています。

ファイナリスト(グッドデザイン大賞の候補)

「グッドデザイン大賞」「グッドデザイン金賞」「グッドフォーカス賞」(2018年度新設)は、「グッドデザイン・ベスト100」の中から、審査を実施して決定されます。審査は10月10日(水)に、受賞デザイナーによるプレゼンテーション(公開)と審査委員による協議(非公開)が実施されました。