「CSOアワード」にてオーディエンス賞並びに準グランプリを受賞しました


特定非営利活動法人おてらおやつクラブ(事務局:奈良県磯城郡田原本町、代表理事:松島靖朗)は、昨年開催された大阪NPOセンター主催「CSOアワード」にて、オーディエンス賞並びに準グランプリを両受賞しました。

▼CSOアワード
http://osakanpo-center.com/cso_aword.php

オーディエンス賞とは、プレゼンテーションを聴いた来場者全員が、自分が最も応援したいと思った活動に票を投じて決まる賞です。
審査員だけでなく、他の登壇者・来場者の皆さまが熱心にプレゼンに耳を傾けてくださいました。
多くの方に投票していただけたということは多角的な視点から活動を評価してもらえたということであり、大変光栄でした。

会場となった大阪証券取引所といえば、五代友厚氏が発起人となって設立された大阪株式取引所がその前身。友厚氏の妻・豊子さんの実家である萱野家の先祖代々のお墓は、おてらおやつクラブ事務局が設置されている安養寺にあります。

江戸時代、萱野家が天誅組事件で幕府に追われた際家族らをお寺でかくまい、お供えのお米でつくったおにぎりを差し入れたという話が伝わっています。

縁の深い場所で活動の紹介ができたことで、先人たちが紡いできた思いやりの心や「おすそわけ」の精神を継承していくことの大切さを改めて深く胸に刻みました。

このアワードでの受賞でできた様々なご縁を糧に、これからも活動を続けてまいります。
引き続き、応援のほどをよろしくお願いいたします。