奈良県田原本町と連携しガバメントクラウドファンディングを始めます

認定NPO法人おてらおやつクラブは、事務局所在地である奈良県田原本町と連携し、子どもの貧困問題解決に向け「ガバメントクラウドファンディング」を始めます。

ガバメントクラウドファンディングとは、自治体が抱える問題解決のため、ふるさと納税の寄付金の使い道をより具体的にプロジェクト化し、そのプロジェクトに共感した方から寄付を募る仕組みです。

▼ガバメントクラウドファンディングとは
https://www.furusato-tax.jp/gcf/about?header

田原本町と連携して実施するガバメントクラウドファンディングでは、「おすそわけで、助け合い。生活に困窮する子どもたちに笑顔を届けたい。」と題してプロジェクトを立ち上げ、皆さまからのご寄付を募ります。

2021年4月1日(木)~2021年6月30日(水)までの91日間を募集期間とし、目標金額は200万円を目指します。
お預かりした寄付金は、全国の経済的に困窮するご家庭や貧困支援団体へおそなえものを支援物資としてお送りする発送費として、大切に活用させていただきます。

子どもの貧困問題は田原本町のみではなく、全国どこにでもある課題です。おてらおやつクラブ事務局には日々、さまざまな困りごとを抱えたひとり親世帯の方から「助けて」の声が届いています。

4月から中学生になる息子が食べ盛りで喜ばしい事なのに、食費を常に計算してる自分が嫌になります。成長には個人差があるのは分かっていますが、身体が皆よりも一回り小さいのは思う存分食べれてないのかな?その日その日で安い物を買い調理してるので、栄養バランスが悪いのかな?と悪い方向に考えてしまう時は胸が痛くなります。

子供の夢があるのに、学資保険もなくこのまま生活保護だと何も叶えられない。でも仕事がなく焦るばかり。これから、子供の思春期を迎えます。どうすればいいのかわからずつらいです。

コロナ禍で収入が減り、食事の準備や日用品への出費が増えたました。なんとか貯金を少しずつ崩して生活しています。子供にお菓子やおもちゃを買ってやれないことが辛い。最低限でなんとか踏ん張ってます。

コロナのせいで出勤日数が減り生活が苦しくなり毎日生きていくのに精一杯でこの状況を1年間耐えてきたけど終わりの見えないコロナ禍に不安でしかたありません。お給料が2週間分減りどうして生活していこうかすごく悩んでいます。すこしだけでもわけていただけませんか。

当プロジェクトを通じ、子どもの貧困問題に対して地域が寄り添い、誰もが助け合える社会づくりにいっそう貢献していきますので、お力添えのほどよろしくお願いいたします。

▼ご寄付はこちらから
https://www.furusato-tax.jp/gcf/1184

*通常のふるさと納税と同様、寄付金控除を受けることができます。
*当プロジェクトには返礼品はございません。あらかじめご了承ください。